このキーワード
友達に教える
URLをコピー

THE_BLUE_HEARTSとは?

THE BLUE HEARTS

【出身地】
日本 東京都渋谷区
【ジャンル】
ロック
パンク・ロック
【活動期間】
1985年 - 1995年
【レーベル】
メルダック
(1987年 - 1989年)
EAST WEST JAPAN
(1989年 - 1995年)
【事務所】
ジャグラー
【公式サイト】
メルダック
EAST WEST JAPAN
【】

【メンバー】
甲本ヒロト (ボーカル)
真島昌利 (ギター・ボーカル)
河口純之助 (ベースコーラス)
梶原徹也 (ドラムス)
【】

【旧メンバー】
望月正水(ベース)
英竜介(ドラムス)
山川のりを(ベース)
佐藤シンイチロウ(ドラムス)

THE BLUE HEARTS(ザ・ブルーハーツ)は、日本のパンク・ロックバンド1985年結成。1987年メジャーデビューし、1980年代後半から1990年代前半にかけて活動し、1995年に解散した。

ヒット曲は「リンダリンダ」「TRAIN-TRAIN」「情熱の薔薇」など。コード進行は3、4コードを主としたシンプルなものが多いにもかかわらず、オリジナリティ溢れる楽曲を多く作り上げた。

「ブルーハーツ」というバンド名の由来は、甲本ヒロトによると「意味は無く、誰もが呼びやすい小学生でもわかるような英語で、バンドの音楽性が見えないような名前」だからつけたとのこと。他のバンド名候補として「昨日悲ベッツ」等があった。

目次

  • 1 概要
  • 2 メンバー
    • 2.1 サポートメンバー
    • 2.2 過去に在籍したメンバー
  • 3 来歴
  • 4 解散
    • 4.1 その後
  • 5 略歴
  • 6 作品
    • 6.1 シングル
    • 6.2 アルバム
      • 6.2.1 オリジナルアルバム
      • 6.2.2 ベスト・アルバム
      • 6.2.3 ライブ・アルバム
      • 6.2.4 オムニバス・アルバム
      • 6.2.5 リミックス・アルバム
      • 6.2.6 トリビュート・アルバム
    • 6.3 ビデオ
      • 6.3.1 VHS
      • 6.3.2 DVD
      • 6.3.3 カセットテープ
  • 7 関連商品
    • 7.1 書籍
    • 7.2 関連書籍
    • 7.3 パチスロ
    • 7.4 パチンコ
  • 8 未発表曲
    • 8.1 未発表曲
    • 8.2 未発表歌詞などを含むもの
    • 8.3 未発表バージョン
  • 9 影響
  • 10 脚注
  • 11 関連項目
  • 12 外部リンク

概要

1985年結成。1987年にシングル「リンダリンダ」でメジャーデビュー。解散後も、彼らの楽曲は近年でもCMやドラマや映画などに多く使われている。

ザ・ブルーハーツの詩は、NHK「人間講座」の「言葉の力・詩の力」(ねじめ正一講師)中でも、その文学性が高く評価されている(なお、教材本文の講義は、2001年度前期のNHK教育テレビ「人間講座」内で放送)。

THE BLUE HEARTS』から『TRAIN-TRAIN』までの前期三部作は、ブルースをルーツとしたメッセージ性の強い、独自の日本語ロックの世界を構築していたが、イーストウェスト移籍後からの後期作品は、後のTHE HIGH-LOWSに繋がる様々なスタイルを取り入れ、メッセージ性を無視した楽曲も多い。

メンバー

愛称は「ヒロト」。低音の効いた太い声が特徴。たまに吹くブルースハープは独学で、高いレベルまで達しているが、ベントやトレモロなどの技術は「偶然できた」とのこと。演奏する曲によってギターを弾くこともある。テレビなどのインタビューで答えるのは、ほとんど甲本が担当。デビュー時は坊主頭だった。河口と一緒に金髪に染めている時期もあった。
愛称は「マーシー」。歌う時はしゃがれ声が特徴。他の3人に比べれば、テレビなどに出演してもあまり喋らず、表情を変えないことが多い。甲本とは、およそ半々の割合で曲を創り上げた。頭のバンダナがトレードマークだが、インディアン風の格好をしたりもしていた。
愛称は「河ちゃん」。結成当初はバンドのマネージメントを行っていたが、半年ほどでベースが脱退したため急遽85年8月に正式メンバーとして加入。本名は河口宏之(ひろゆき)で、デビュー前は本名を名乗っていたが、デビュー直前あたりから「純之助」を使用する。ベース以外にも真島と共にコーラスを多く担当。歌う時は真島と対照的な高音の澄んだ歌声が特徴だった。甲本と一緒に金髪に染めている時期もあった。
愛称は「梶君」。元々はブルーハーツのファンで、ライブチケットのモギリなどをやっていた。その後ドラムの脱退を知り、ヒロトの自宅にしつこく電話してオーディションを受けさせてもらい、86年4月に正式メンバーとなる。モヒカンヘアーが特徴であるが、参加当初の髪型はモヒカンではなく角刈りに近いヘアスタイルであり、後期には長髪にして結っていたこともある。

サポートメンバー

ON TOUR 1989(1989年5月3日 - 同31日)から解散するまでの間、ライブレコーディングでキーボードを担当。真島の友人であった杉浦逸生の紹介でブルーハーツに参加。サポートでありながら、アルバム『HIGH KICKS』の歌詞カードでは顔写真付きで紹介されたり、『ミュージックステーション』にブルーハーツが出演した際は、演奏のみならずスタジオトークにもメンバーと共に並んで出演していたり、ライブ時には甲本ヒロトから5人目の仲間として紹介されるなど、ブルーハーツの中では正式なメンバーとしての意識があった。伝説のバンドめんたんぴんのメンバー(第4期-)で、浅川マキ南正人のバックを務めた事もある実力派だが、ピアノは全くの独学で、「ギターコードを鍵盤に乗せただけ」と、ファンクラブの会報で答えている。後のTHE HIGH-LOWSでも正式メンバーとして活躍し、2003年に同バンドを脱退した。

過去に在籍したメンバー

愛称はマサミ。結成当初のメンバーであるが飲酒問題で体を壊し、半年ほどでバンドを脱退している。音源としては1985年6月7日新宿ロフトで録られた音源のベーシストは脱退直前の彼だと思われる。脱退後は自動車のレッカーマンとして働きながらTHE JUMPSの島キクジロウ等と共に「キャバレッツ」を結成。後に脱退し、NATIONALS(現在はMASAMI & THE NATIONALS)というバンドで活動中。
愛称はリュースケ。1986年3月に脱退しているが、1985年に無料配布されたソノシート「1985」で彼の演奏を聴く事が可能である(「1985」はベストアルバム『SUPER BEST』に収録されている)。その他、彼が演奏する音源は比較的現存している。また、映像としては「ブルーハーツが聴こえない〜HISTORY OF THE BLUE HEARTS」の1985年の映像は1985年12月24日都立家政スーパーロフト にて行われたTHE BLUE HEARTS初のワンマンライブ「世界一のクリスマス」であり、英がドラムをたたいているのも微かに確認することができる。また、同ライブでは、甲本が「ブルーハーツより愛をこめて」前のМCでは英の名前をあげている。ブルーハーツ脱退後は中村あゆみ織田哲郎のバックバンドやスタジオミュージシャンとして活躍。損害保険の調査員、トラックやタクシードライバー等を経験したのちホテルなどで馬車を運行する会社を立ち上げる。2017年1月、白血病にて他界。
愛称はのりを。元ザ・コーツ、グレイトリッチーズ、ディープ&バイツ、ノリオ&アイスクリームマン。望月脱退後、ほんの2か月ほどサポートメンバーとして活動していた。音源としては、1985年7月25日新宿ロフトで録られた音源がある。脱退後DEEP&BITESを結成。同時期に忌野清志郎大島賢治・中曽根章友と共に2・3sとして活動。一時期真島のソロツアーにも参加していた。DEEP&BITES解散後はノリオ&アイスクリームマンを経て、現在はギターパンダというユニットで活動中。
愛称はシンちゃん。元THE POGO、KENZI&THE TRIPS、現the pillowsThe ピーズ。英竜介脱退後から梶原が正式加入するまで、サポートドラマーを担当していた。その際の音源はオムニバス盤『JUST A BEAT SHOW』にて確認することが可能である。また、映像としては、入手困難だが1986年3月20日のアトミック・カフェ・フェスティバルの映像(SUMMER TIME BLUESと題されている)でTHE BLUE HEARTSのドラマーとして叩いているのが唯一確認できるものである。thee michelle gun elephantのメンバーと親交が深い。

来歴

1980年代前半、それぞれのバンドの状態が思わしくなかった甲本ヒロト真島昌利河口純之助の3人は下北沢のバイト先で出会い、Traditional(トラディッショナル)というセッションバンドを行ったり、バンドの事について語り合ったりして飲んだり遊んだりしているうちにお互いに意気投合しあっていった。

1985年の1月から、それぞれバンドを解散したり脱退したりしていた真島や甲本らは、本気でバンド結成のことについて考えるようになり、1985年2月に、真島と甲本の2人を中心として「THE BLUE HEARTS」を結成。同年4月に、THE BLUE HEARTSの初ライブを行うことになった。同年の夏に、彼らのマネージャーとしてバンドに関わっていた河口が前メンバーの替わりにベースとして参加し、翌年の4月ごろに梶原徹也が甲本に加入を懇願し、ドラマーとして参加した。結成当初は、渋谷ライブハウス(渋谷屋根裏)を拠点として多く活動していた。1986年、梶原が加入した頃から「面白いバンドがいる」と、話題になり始める。

1987年2月に、シングル「人にやさしく」を自主制作で発表。同年、メルダックよりメジャーデビューが決定し、1987年5月1日に、メジャーデビューシングル「リンダリンダ」を発売、同月に1stアルバム『THE BLUE HEARTS』を発表した。口コミなどで、彼らの評判は若者を中心に全国的に知れ渡るようになり、第二次バンドブームの先駆けとなった。

半年後に発売した2ndアルバム『YOUNG AND PRETTY』も好調、そして1988年に発表した3rdアルバム『TRAIN-TRAIN』が50万枚を超えるヒットとなり、ドラマの主題歌などにも起用されるなど、一躍音楽界のトップシーンに登り詰めた。

しかし4thアルバム以降は、以前ほどの売れ行きは見せなくなった。その後3枚のアルバムを発表。1995年にラストアルバムを発表し、バンドは解散。

解散

解散当時に発売された音楽誌『バンドやろうぜ』の編集局コラムによると、「河口が宗教(幸福の科学)に没頭し、スタッフファンを勧誘したことに甲本と真島が怒ったために解散に至った」とされている。しかし、甲本がのちに音楽誌に語った内容では「バンドを続けるにはある程度の演奏技術が必要。それがあのメンバーでは出せないから解散した」となっている。他にも雑誌『VIEWS』のインタビューで、甲本は当初は解散ではなく、自分がバンドを抜けるつもりだったとのこと。その理由に言及していないが、あの時甲本が言い出さなければ自分が抜けていたと、のちに真島が語っている。凸凹ツアー中の宿泊先のホテルで、メンバーひとりひとりと話し合い、「甲本が抜けるなら解散」→「でもまたあとで再結成というのも恥ずかしいのでひとまず活動休止」ということとなった。

活動休止中に甲本は別バンド「ヒューストンズ」、真島はソロ、梶原はドラマーズなどで活動。結局は解散を最終決定するも、レコード会社との契約がまだ残っていたために、アルバムを一枚出す必要性に迫られた。ラストアルバム『PAN』がブルーハーツ名義にもかかわらず、中身がブルーハーツではない(ソロの楽曲の寄せ集め)のはそのため。そしてNHK-FMミュージックスクエアで「今後の予定は?」と聞かれて「解散です」と突然の解散発表。それから10年。2005年あたりから、元メンバーが公の場に揃って姿を見せるなど、再び交流が活発化している。

このラジオ番組で行われた解散宣言の前に届いていたブルーハーツ集団(ファンクラブ)会報誌「BLUE-PARTS」には、号外として今回のラジオ出演の告知があり、「放送内で解散宣言をします」と明記されていた。1995年1月1日号には、「ブルーハーツ集団、解散」の告知があった。甲本はこの時、「ずっと続いているものを一旦リセットしたいと思って」と話していた。

その後

1995年にブルーハーツを解散した後、甲本と真島は3人の新メンバーを加えTHE HIGH-LOWSを結成。晩年のブルーハーツでもその兆候はあったが、社会的メッセージというよりシュールな歌詞が多くなった。それでも躍動感あふれる曲を多く作り、固定ファンの期待に応えるだけでなく、新たなファンも獲得していった。こちらも10年後の2005年に活動休止したが、2006年に甲本と真島が再びコンビを組み、二人の新メンバーを加えザ・クロマニヨンズを結成し活動を再開した。

ブルーハーツ解散後にメンバーがブルーハーツ時代の曲を歌うことは原則ないが、甲本は一度、他人のライブの飛び入りで「僕の右手」を歌い、また『ヨルタモリ』出演時に「リンダリンダ」のセッションにブルースハープで参加しハミングをしたものの、歌唱はしなかった。真島はイベントで何度か「青空」を歌い、河口がSUMMER SONICで間寛平らと共に「リンダリンダ」を、梶原が「THE 3 peace」として「リンダリンダ」を演奏した。

略歴

1982年
1984年
1985年
1986年
1987年

1988年

1989年
1990年
1993年
1994年
1995年

作品

シングル

発売日 シングル名 最高順位 レーベル
自主制作 | 1985年12月24日 | 1985 | - | 自主制作ソノシート・ライブ会場限定で200枚ほど配付
自主制作 | 1987年2月25日 | 人にやさしく | 26位 | 自主制作
1st | 1987年5月1日 | リンダ リンダ | 38位 | メルダック
2nd | 1987年11月21日 | キスしてほしい | 48位 | メルダック
自主制作 | 1988年7月1日 | ブルーハーツのテーマ | 39位 | 自主制作
自主制作 | 1988年7月1日 | チェルノブイリ | 55位 | 自主制作
3rd | 1988年11月23日 | TRAIN-TRAIN | 5位 | メルダック
4th | 1989年2月21日 | ラブレター | 23位 | メルダック
5th | 1989年6月21日 | 青空 | 8位 | メルダック
6th | 1990年7月25日 | 情熱の薔薇 | 1位 | イーストウエスト・ジャパン
7th | 1991年4月10日 | 首つり台から | 13位 | イーストウエスト・ジャパン
8th | 1991年11月28日 | あの娘にタッチ | 24位 | イーストウエスト・ジャパン
9th | 1992年3月10日 | TOO MUCH PAIN | 29位 | イーストウエスト・ジャパン
10th | 1992年10月25日 |  | 14位 | イーストウエスト・ジャパン
11th | 1993年2月25日 | 旅人 | 50位 | イーストウエスト・ジャパン
12th | 1993年5月25日 | 1000のバイオリン | 47位 | イーストウエスト・ジャパン
13th | 1993年8月25日 | パーティー | 80位 | イーストウエスト・ジャパン
14th | 1993年10月25日 | 夕暮れ | 71位 | イーストウエスト・ジャパン

アルバム

オリジナルアルバム

発売日 タイトル 最高順位 レーベル
1st | 1987年5月21日 | THE BLUE HEARTS | 31位 | メルダック
2nd | 1987年11月21日 | YOUNG AND PRETTY | 10位 | メルダック
3rd | 1988年11月23日 | TRAIN-TRAIN | 3位 | メルダック
4th | 1990年9月10日 | BUST WASTE HIP | 1位 | イーストウエスト・ジャパン
5th | 1991年12月21日 | HIGH KICKS | 3位 | イーストウエスト・ジャパン
6th | 1993年2月10日 | STICK OUT | 1位 | イーストウエスト・ジャパン
7th | 1993年7月10日 | DUG OUT | 2位 | イーストウエスト・ジャパン
8th | 1995年7月10日 | PAN | 2位 | イーストウエスト・ジャパン

ベスト・アルバム

ライブ・アルバム

オムニバス・アルバム

リミックス・アルバム

トリビュート・アルバム

ビデオ

VHS

DVD

カセットテープ

関連商品

書籍

関連書籍

パチスロ

パチンコ

ブルーハーツをモチーフとするタイアップ機として発売された。

未発表曲

ブルーハーツには未発表曲が十数曲ある。

未発表曲

窓をあけよう

(作詞・作曲:甲本ヒロト / 編曲:THE BLUE HEARTS)

ほんの少しだけ

(作詞・作曲:甲本ヒロト / 編曲:THE BLUE HEARTS)

陽のあたる場所

(作詞・作曲:真島昌利 / 編曲:THE BLUE HEARTS)

おやすみなさい

(作詞・作曲:甲本ヒロト / 編曲:THE BLUE HEARTS)

伝染病

(作詞・作曲:甲本ヒロト / 編曲:THE BLUE HEARTS)

ロックの豚野郎

(作詞・作曲:真島昌利 / 編曲:THE BLUE HEARTS)

出典:wikipedia
2018/11/16 17:14

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「THE_BLUE_HEARTS」の意味を投稿しよう
「THE_BLUE_HEARTS」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

THE_BLUE_HEARTSスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「THE_BLUE_HEARTS」のスレッドを作成する
THE_BLUE_HEARTSの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail