このキーワード
友達に教える
URLをコピー

UEFAヨーロッパリーグとは?

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2017年7月)
【UEFAヨーロッパリーグ】


【開始年】
1971年
【主催】
UEFA
【地域】
ヨーロッパ
【参加チーム数】
48
【前回優勝】
チェルシー
(2回目)
【最多優勝】
セビージャ
(5回)
【サイト】
公式サイト
2018-19 シーズン

UEFAヨーロッパリーグ(: UEFA Europa League)は、欧州サッカー連盟(UEFA)の主催で毎年9月から翌年の5月にかけて行われる、クラブチームによるサッカーの国際大会である。略称はUELEL

それまで行われていたUEFAカップ(: UEFA Cup)の名称と大会形式が一新され、2009-10シーズンから新たに始まった国際大会である。この項ではUEFAカップ時代についても記述する。

目次

  • 1 概要
  • 2 歴史
  • 3 参加資格
  • 4 開催方式
    • 4.1 2008-09シーズンまで
    • 4.2 2009-10シーズンから
    • 4.3 2014-15シーズンから
  • 5 結果
  • 6 統計
    • 6.1 クラブ別成績
    • 6.2 クラブ所在国別成績
  • 7 選手登録のルール
  • 8 賛歌
  • 9 オフィシャルスポンサー
    • 9.1 オフィシャルサプライヤー
  • 10 脚注
  • 11 関連項目
  • 12 外部リンク

概要

 | 
この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2017年7月)

インターシティーズ・フェアーズカップとして創設された大会が前身となり、1972年UEFAカップとして正式に発足。

1999年、それまであった欧州三大カップの一角、UEFAカップウィナーズカップ(ヨーロッパ各国のカップ戦優勝クラブによる国際大会)を吸収する形で(UEFAカップ出場資格に、ヨーロッパ各国のカップ戦優勝クラブを加える形で吸収)、統合された。

グループステージ以外においては、対戦の勝敗は基本的にH&A方式の2戦合計にて決められる。また、決勝戦のみ中立地での1戦で勝敗を決する(1997-98シーズンより)。グループステージは、2009-10シーズンからは4クラブ×12組の48クラブが出場(H&Aの2回総当たり)、2004-05シーズンより2008-09シーズンまでは5クラブ×8組の40クラブが出場(1回総当たり、各チームがホームゲームとアウェーゲームを2回ずつ実施)する。

従来、UEFAヨーロッパリーグ(当時の名称はUEFAカップ)は、各国リーグの上位クラブ同士が対戦するということもあって、UEFAチャンピオンズリーグと並んでレベルの高い大会であった(90年代中期までUEFAチャンピオンズリーグは、どの国も1クラブ(リーグ優勝したクラブのみ)しか出場できなかった。そのため当時のUEFAカップは、リーグ優勝を逃した各国の上位クラブが多数参加する非常にレベルの高い大会であった)。

しかし1997-98シーズン以降、UEFAチャンピオンズリーグ出場クラブ拡大の余波を受け、各国リーグから複数のクラブがUEFAチャンピオンズリーグへの参加が認められるようになると、欧州主要リーグのビッグクラブが軒並みUEFAチャンピオンズリーグに参加してしまう事態となり、UEFAカップは、「国内リーグで優勝もしくはUEFAチャンピオンズリーグ出場権を逃したチームのための大会」という不名誉な位置付けの大会に成り下がりつつあった。

これらの課題を解決するための施策として、UEFAチャンピオンズリーグ本大会グループリーグ3位敗退組(そのほかUEFAチャンピオンズリーグ予選プレーオフ敗退組、UEFAチャンピオンズリーグ予選3回戦敗退組)のUEFAヨーロッパリーグへの参加を可能とすることで、例えば近年ではマンチェスター・シティチェルシーリヴァプールユヴェントスのような本来UEFAチャンピオンズリーグの優勝を目指すビッグクラブ、またアトレティコ・マドリードドルトムントポルトのようなUEFAチャンピオンズリーグでGLを勝ち抜けるであろうと目される有力クラブが、UEFAヨーロッパリーグへ参加できるよう手配するようにしている。

同様に、これらの課題を克服するための施策として他にも、2004-05シーズンより変則H&A形式のリーグ戦を実施、決勝戦を中立地での1戦のみで決する(決勝戦はUEFA4つ星認定スタジアム以上の格付けを持ったスタジアムで開催する)、より格式高い大会とするためのセレモニーとしてUEFAヨーロッパリーグ・アンセム(賛美歌)の導入や新たな大会ロゴマークの新設、大会名も2009-10シーズンより従来のUEFAカップからUEFAヨーロッパリーグへと変更する、等、UEFAチャンピオンズリーグに近いような大会方式に変更された。 さらに2014-15シーズンより、優勝クラブにはUEFAチャンピオンズリーグへの出場資格が与えられている。

歴史

 | 
この節の加筆が望まれています。

参加資格

※国内にリーグ戦を有さないリヒテンシュタインを除く

※リーグカップ戦を有するイングランド、フランスは国内リーグ成績上位1クラブのみ

開催方式

予選はトーナメント形式によるホーム・アンド・アウェー戦を実施する。2試合終了後同点の場合にはアウェーゴールが多いクラブが勝者となる。それでも決まらない場合には延長戦PK戦を行い勝者を決定する。各対戦前に組合せ抽選が行われ、同国のクラブが対戦しないように、また各クラブのランキングポイントによりポットを分けた上で、組合せ抽選を行う。

グループリーグは48チームを4クラブずつ、12グループに分けたホーム・アンド・アウェー戦のグループリーグを実施する。抽選は各クラブのランキングポイントにより4つのポットにわけ、また同国のクラブが同じグループに入らないように行われる。各グループ上位2クラブが決勝トーナメントに進出する。

決勝トーナメントは、グループリーグを勝ち抜いた24クラブにUEFAチャンピオンズリーグをグループリーグ3位で敗退した8クラブを加えた32クラブでのトーナメント形式によるホーム・アンド・アウェー戦を実施する。2試合の合計スコアが同じ場合はアウェーゴール方式→延長戦→PK戦で次のステップ進出クラブを決める。決勝のみ中立地(自国クラブが勝ち上がった場合は中立地でなくなるが)での一発勝負となる。

決勝トーナメント1回戦の組み合わせ抽選は、グループリーグ1位の12クラブとチャンピオンズリーグ敗退クラブのうち成績上位4クラブがシードされ、同国のクラブ同士が対戦しないように、またグループリーグで対戦したクラブとも当たらないように考慮される。2回戦以降の抽選ではシード分けはされず、同国同士・グループリーグ同組同士の対戦も制限されない。

初登場 (156チーム) 前ラウンド勝者 チャンピオンズリーグ敗者 (33チーム)
予選1回戦
(98チーム) 98チーム  |  | 
予選2回戦
(66チーム) 17チーム  |  | 
予選3回戦
(58チーム) 25チーム  |  | 
プレーオフ
(44チーム)  |  | 
グループ
ステージ
(48チーム) 16チーム  |  | 
決勝
トーナメント
(32チーム)  | 24チーム  | 

2008-09シーズンまで

2009-10シーズンから

大会名称の変更
大会名がUEFAカップからUEFAヨーロッパリーグに変更される。
UEFAランキングによる出場クラブ数の変更
UEFAランキング1位から6位のリーグからの出場クラブ数に変更はない。それ以下のリーグに与えられる出場枠に変更がなされた。まず、7位から9位のリーグは国内カップ戦優勝クラブとその他3クラブを出場させることができる。その他のリーグは国内カップ戦優勝クラブとその他2クラブを出場させることができる。
グループステージの構成の変更
2008-09シーズンまでのグループステージは全40クラブを5クラブずつの8グループに分けて行われるが、2009-10シーズンから全48クラブを4クラブずつの12グループに分けて行われることになった。

抽選はグループリーグ終了後に決勝トーナメント1回戦の抽選を行う。1回戦においては、UEFAチャンピオンズリーグ3位クラブのうち、成績上位4チームをグループステージ1位の枠に入れてシードし、成績下位4チームはグループステージ2位の枠に入れる。そして1位の枠から1つ、2位の枠から1つという形で抽選を行う。2位の枠から選ばれたチームが第1戦のホームとなる。また同国のクラブ同士が対戦しないように、またグループリーグで対戦したクラブとも当たらないように考慮される。準々決勝、準決勝は再度抽選となるが、この際には1回戦の抽選に伴う考慮はなく、全くのフリーで抽選を行う。

国内カップ戦優勝クラブがCLに出場のため不参加でカップ戦準優勝クラブが出場する場合、各国の判断によっては、どのラウンドから参加するかを国内リーグの順位に従って決める。

2014-15シーズンから

結果

【年度】
【優勝】
【結果】
【準優勝】
会場
UEFAカップ
1971-72 | トッテナム  | 2 - 1
1 - 1 |  ウルヴァーハンプトン |  モリニュー(ウルヴァーハンプトン)
ホワイト・ハート・レーン(ロンドン)
1972-73 | リヴァプール  | 3 - 0
0 - 2 |  ボルシアMG |  アンフィールド(リヴァプール)
ベーケルベルク(メンヒェングラートバッハ)
1973-74 | フェイエノールト  | 2 - 2
2 - 0 |  トッテナム |  ホワイト・ハート・レーン(ロンドン)
デ・カイプ(ロッテルダム)
1974-75 | ボルシアMG  | 0 - 0
5 - 1 |  トゥウェンテ |  ライン({デュッセルドルフ)
ディックマン(エンスヘーデ)
1975-76 | リヴァプール  | 3 - 2
1 - 1 |  クラブ・ブルッヘ |  アンフィールド(リヴァプール)
オリンピア(ブルッヘ)
1976-77 | ユヴェントス  | 1 - 0 AG
1 - 2 AG |  アスレティック・ビルバオ |  スタディオ・コムナーレ(トリノ)
サン・マメス(ビルバオ)
1977-78 | PSV  | 0 - 0
3 - 0 |  バスティア |  アルマン・チェサーリ(バスティア)
フィリップス(アイントホーフェン)
1978-79 | ボルシアMG  | 1 - 1
1 - 0 |  レッドスター |  ツルヴェナ・ズヴェズダ(ベオグラード)
ライン(デュッセルドルフ)
1979-80 | アイントラハト  | 2 - 3 AG
1 - 0 AG |  ボルシアMG |  ベーケルベルク(メンヒェングラートバッハ)
ヴァルト(フランクフルト)
1980-81 | イプスウィッチ・タウン  | 3 - 0
2 - 4 |  AZ |  ポートマン・ロード(イプスウィッチ)
オリンピスフ(アムステルダム)
1981-82 | ヨーテボリ  | 1 - 0
3 - 0 |  ハンブルガーSV |  ウレヴィ(ヨーテボリ)
フォルクスパルク(ハンブルク)
1982-83 | アンデルレヒト  | 1 - 0
1 - 1 |  ベンフィカ |  ヘイゼル(ブリュッセル)
ダ・ルス(リスボン)
1983-84 | トッテナム  | 1 - 1
1 - 1 aet
(PK 4 - 3) |  アンデルレヒト |  コンスタン・ヴァンデン・ストック(ブリュッセル)
ホワイト・ハート・レーン(ロンドン)
1984-85 | レアル・マドリード  | 3 - 0
0 - 1 |  ヴィデオトン |  ショーシュトーイ(セーケシュフェヘールヴァール)
サンティアゴ・ベルナベウ(マドリード)
1985-86 | レアル・マドリード  | 5 - 1
0 - 2 |  ケルン |  サンティアゴ・ベルナベウ(マドリード)
ベルリン・オリンピア(ベルリン)
1986-87 | ヨーテボリ  | 1 - 0
1 - 1 |  ダンディー・ユナイテッド |  ウレヴィ(ヨーテボリ)
タナディス・パーク(ダンディー)
1987-88 | レバークーゼン  | 0 - 3
3 - 0 aet
(PK 3 - 2) |  エスパニョール |  ウルリッヒ=ハーバーラント(レバークーゼン)
エスタディ・デ・サリア(バルセロナ)
1988-89 | ナポリ  | 2 - 1
3 - 3 |  シュトゥットガルト |  サン・パオロ(ナポリ)
ネッカー(シュトゥットガルト)
1989-90 | ユヴェントス  | 3 - 1
0 - 0 |  フィオレンティーナ |  スタディオ・コムナーレ(トリノ)
パルテニオ(アヴェッリーノ)
1990-91 | インテル  | 2 - 0
0 - 1 |  ローマ |  ジュゼッペ・メアッツァ(ミラノ)
オリンピコ(ローマ)
1991-92 | アヤックス  | 2 - 2 AG
0 - 0 AG |  トリノ |  デッレ・アルピ(トリノ)
オリンピスフ(アムステルダム)
1992-93 |  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2019/06/19 23:59

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「UEFAヨーロッパリーグ」の意味を投稿しよう
「UEFAヨーロッパリーグ」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

UEFAヨーロッパリーグスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「UEFAヨーロッパリーグ」のスレッドを作成する
UEFAヨーロッパリーグの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail