このキーワード
友達に教える
URLをコピー

UEFA_EURO_2012とは?

【UEFA EURO 2012】

【大会概要】

【開催国】
ポーランド
ウクライナ
(2ヶ国共催)
【日程】
2012年6月8日 - 7月1日
【チーム数】
16 (UEFA連盟)
【開催地数】
8 (8都市)
【大会結果】

【優勝】
スペイン (3回目)
【準優勝】
イタリア
【3位】
ポルトガル
ドイツ
【大会統計】

【試合数】
31試合
【ゴール数】
76点
(1試合平均 2.45点)
【総入場者数】
1,377,726人
(1試合平均 44,443人)
【得点王】
フェルナンド・トーレス
マリオ・バロテッリ
マリオ・ゴメス
クリスティアーノ・ロナウド
アラン・ジャゴエフ
マリオ・マンジュキッチ(3点)
【最優秀選手】
アンドレス・イニエスタ
< 20082016 >

UEFA EURO 2012(: UEFA Euro 2012)は、2012年6月8日から7月1日にかけて、ウクライナポーランドで開催された第14回目のUEFA欧州選手権である。

スペインが2大会連続3回目の優勝を飾り、大会史上初の連覇を果たした。またFIFAコンフェデレーションズカップ2013への出場権は、優勝したスペインが2010 FIFAワールドカップ優勝国として既に出場権を得ているため、準優勝したイタリアに与えられた。

目次

  • 1 開催国選定の経緯
  • 2 予選
    • 2.1 イタリア対セルビアにおけるサポーター暴動
  • 3 出場国
  • 4 本大会
    • 4.1 概要
    • 4.2 大会総括
      • 4.2.1 代償金支払い
    • 4.3 会場一覧
  • 5 結果
    • 5.1 組み合わせ抽選
    • 5.2 グループリーグ
      • 5.2.1 グループ A
      • 5.2.2 グループ B
      • 5.2.3 グループ C
      • 5.2.4 グループ D
    • 5.3 決勝トーナメント
      • 5.3.1 準々決勝
      • 5.3.2 準決勝
      • 5.3.3 決勝
  • 6 優勝国
  • 7 得点ランキング
  • 8 表彰
    • 8.1 大会最優秀選手
    • 8.2 ゴールデンブーツ
    • 8.3 大会優秀選手
  • 9 放映局
    • 9.1 UEFA
    • 9.2 非UEFA
  • 10 脚注
  • 11 出典
  • 12 外部リンク

開催国選定の経緯

開催国は、2007年4月18日ウェールズカーディフで開かれたヨーロッパサッカー連盟(UEFA)の理事会でクロアチアハンガリーの共催、イタリアウクライナポーランドの共催の3候補からUEFA理事の投票によって決定された。投票では、ウクライナ・ポーランドが有効投票12票のうちの8票を獲得した。UEFA欧州選手権での共催はEURO2008に続いて2大会連続3回目となる。

予選

詳細は「UEFA EURO 2012予選」を参照

イタリア対セルビアにおけるサポーター暴動

2010年10月12日にジェノヴァスタディオ・ルイジ・フェッラーリスで行われたイタリアセルビアの一戦では、セルビア人サポーターの一部がフェンスによじ登りピッチに発炎筒を投げ込むなどしたために、試合が中止された。セルビアサポーターは試合開始10分前にイタリアの応援席やピッチに向け発炎筒や紙爆弾を投げ込むなどしたために試合開始は37分遅らされた。しかしキックオフ後も発炎筒が投げ込まれたため、試合開始6分で中止が決定された。試合後には暴動の首謀者の男がイタリア警察により逮捕された。

セルビアは2010 FIFAワールドカップでのグループリーグ敗退を受けて国民の人気が高かったラドミル・アンティッチを解任しており、にもかかわらずセルビアはこの試合までに予選を1勝1敗1分と低迷していたことなどから、暴動はセルビアサッカー協会へ抗議する目的で行われたものだとされた。またセルビアGKのヴラディミル・ストイコヴィッチレッドスター・ベオグラードの生え抜きの選手でありながら、ワールドカップ後にライバルのパルチザン・ベオグラードへ移籍していたことや、直前のエストニア戦で敗北の戦犯とされたことなどからセルビアサポーターの標的とされていた。一方でイタリアへの敵意はなかったものであることも、前述の首謀者は強調し、イタリアに謝罪の念を述べた。

またセルビア人サポーターは試合開始前から地元の警察と衝突し15名の負傷者と3名の拘束者が出ており、スタジアムに発炎筒などの危険物を容易に持ち込むことができたことなどから、試合を運営したイタリア側の責任も追及された。

10月29日にUEFAは試合をイタリアが3-0で勝利したという扱いにすることと、セルビアに12万ユーロの罰金と2試合の無観客試合、イタリアに10万ユーロの罰金と1試合の無観客試合が科されることを発表した。ただし無観客試合に関しては双方とも1試合分は執行猶予がつき、今後2年間で同じような問題が起きた際に行使される。

出場国

出場選手はUEFA EURO 2012参加チームを参照。

【出場国・地域】
【条件】
【出場回数】
【出場大会】
最高成績
ウクライナ | 共同開催国 | 初出場 | - | -
ポーランド | 共同開催国 | 2大会連続2回目 | 2008 | グループリーグ敗退 (2008)
ドイツ | 予選A組1位 | 11大会連続11回目 | 1972, 1976, 1980, 1984, 1988, 1992, 1996, 2000, 2004, 2008 | 優勝 (1972, 1980, 1996)
ロシア | 予選B組1位 | 3大会連続10回目 | 1960, 1964, 1968, 1972, 1988, 1992, 1996, 2004, 2008 | 優勝 (1960)
イタリア | 予選C組1位 | 5大会連続8回目 | 1968, 1980, 1988, 1996, 2000, 2004, 2008 | 優勝 (1968)
フランス | 予選D組1位 | 6大会連続8回目 | 1964, 1984, 1992, 1996, 2000, 2004, 2008 | 優勝 (1984, 2000)
オランダ | 予選E組1位 | 7大会連続9回目 | 1976, 1980, 1988, 1992, 1996, 2000, 2004, 2008 | 優勝 (1988)
ギリシャ | 予選F組1位 | 3大会連続4回目 | 1980, 2004, 2008 | 優勝 (2004)
イングランド | 予選G組1位 | 2大会ぶり8回目 | 1968, 1980, 1988, 1992, 1996, 2000, 2004 | ベスト4 (1968, 1996)
デンマーク | 予選H組1位 | 2大会ぶり8回目 | 1964, 1984, 1988, 1992, 1996, 2000, 2004 | 優勝 (1992)
スペイン | 予選I組1位 | 5大会連続9回目 | 1964, 1980, 1984, 1988, 1996, 2000, 2004, 2008 | 優勝 (1964, 2008)
スウェーデン | ベストランナーアップ | 4大会連続5回目 | 1992, 2000, 2004, 2008 | ベスト4 (1992)
クロアチア | プレーオフ第1組勝利 | 3大会連続4回目 | 1996, 2004, 2008 | ベスト8 (1996, 2008)
アイルランド | プレーオフ第2組勝利 | 6大会ぶり2回目 | 1988 | グループリーグ敗退 (1988)
チェコ | プレーオフ第3組勝利 | 5大会連続8回目 | 1960, 1976, 1980, 1996, 2000, 2004, 2008 | 優勝 (1976)
ポルトガル | プレーオフ第4組勝利 | 5大会連続6回目 | 1984, 1996, 2000, 2004, 2008 | 準優勝 (2004)

本大会

概要

今大会で、行動が模範的だったとしてアイルランドサポーターが特別表彰される。

大会総括

2年前のW杯とは打って変わり、ポゼッション重視の攻撃サッカーが多く見られた今大会は、オランダの1次リーグ敗退などの波乱はあったものの、それ以外の強豪国は順当に勝ち抜いた。ベスト4に残ったのはスペイン・ドイツ・イタリア・ポルトガルの4チーム。イタリア以外はいずれのチームも攻撃サッカーをスタイルとするチームだったが、決勝まで勝ち進んだのは攻撃だけでなく守備も安定したスペインとイタリアだった。一方、大会前優勝候補筆頭と目されていたドイツは攻撃陣の活躍で死のグループを3戦全勝で勝ち抜いたが、準決勝のイタリア戦では唯一の弱点である守備の穴を突かれて敗れ、またしても優勝を目前で逃した。スペインは主力のビジャやプジョルなどを欠き、1次リーグは苦戦を強いられたものの、首位で通過。準々決勝では公式戦未勝利のフランスに快勝し、準決勝でPK戦の末ポルトガルを退けて2大会連続となる決勝進出を果たした。主力の不在で得点力不足に悩まされる場面もあったが、鮮やかなパスワークは健在で確実に相手の守備陣を崩し、GKカシージャスを中心とした守備陣の踏ん張りもあり決勝戦まで8得点1失点と攻守の安定感を見せた。イタリアはかつてのカテナチオから脱却してパスをつなぐ攻撃サッカーで大方の予想を覆し、決勝進出を果たした。GKブッフォンを中心とした守備陣も安定感を見せ、決勝戦まで失点を3に抑えた。決勝戦は連覇を狙うスペインと44年ぶりの優勝を狙うイタリアの組み合わせとなった。結果はイタリアの疲労(休養が一日少ない上に会場の移動も長かった)やアクシデントもあり、スペインが4-0の大勝。スペインがEURO連覇、W杯とEUROのメジャー大会3連覇という前人未踏の快挙を成し遂げた。今大会はパスをつなぐ攻撃サッカーが多く見られ大会を盛り上げたが、本家スペインを上回ることができたチームはなく、スペインの強さと完成度の高さを改めて知らしめる大会となった。

代償金支払い

2012年6月20日、今大会及び予選に出場した欧州各国代表に選手を貸し出した全575クラブへの計1億ユーロ(約99億円)の代償金の分配が決まり、9月12日UEFAと欧州クラブ協会(ECA)の交渉の結果、各クラブへの分配額が決定した。前回の2008年大会から大幅に増額され、さらに前回は本大会のみが代償金の対象であったが、今大会から予選もその対象となった。また、実際に負傷した選手への保険としては、2012年3月22日にUEFAとECAが合意した代表選手保険システムが今大会で初適用された。この保険は選手の国籍に関係なく、欧州全クラブに所属する全選手に対して適用され、公式戦、親善試合を問わず予定された全ての代表の国際試合がその保険の対象の試合であり、2012年9月1日以降はUEFA主催大会以外の国際試合や大会にも適用される。

会場一覧

両国では各4都市で試合を行う予定となっている。 開幕戦はポーランドのワルシャワ、決勝戦はウクライナのキエフで開催された。

ワルシャワ グダニスク ヴロツワフ ポズナン
国立競技場
収容人数: 58,145人 | バルティック・アリーナ
収容人数: 40,818人
(通常: 44,636人) | ヴロツワフ市立競技場
収容人数: 40,610人
(通常: 44,416人) | ポズナン市立競技場
収容人数: 42,004人
(通常: 43,269人)
グループA 3試合
開幕戦、準々決勝、準決勝 | グループC 3試合
準々決勝 | グループA 3試合 | グループC 3試合
 |  |  | 
キエフ ドネツィク ハルキウ リヴィウ
オリンピスキ・スタジアム
収容人数: 65,720人
(通常: 70,050人) | ドンバス・アリーナ
収容人数: 50,055人
(通常: 51,504人) | メタリスト・スタジアム
収容人数: 38,500人
(通常: 38,863人) | アリーナ・リヴィウ
収容人数: 34,915人
グループD 3試合
準々決勝、決勝戦 | グループD 3試合
準々決勝、準決勝 | グループB 3試合 | グループB 3試合
 |  |  | 

注: 収容人数はUEFA EURO 2012のためのものであり、通常の最大収容人数とは限らない。

結果

組み合わせ抽選

本大会の抽選会は、2011年12月2日にウクライナのキエフにて行なわれた。 抽選方法は、以下の通り。

ホスト国であるポーランドはA1、ウクライナはD1に当てられることがすでに決まっており、ホスト国の2カ国と前回大会優勝のスペインは「ポット1」。 そのほかの出場国は、2010年のワールドカップ予選・本選と2008年UEFA欧州選手権予選・本選、2012年のUEFA欧州選手権予選の成績を基準に算定された、UEFAランキングポイントに基づいて格付け後、抽選によって4グループに振り分ける。

最終的な振り分けは、以下の通り。

ポット1 ポット2 ポット3 ポット4
ポーランド(開催国)
ウクライナ(開催国)
スペイン(前回大会優勝)
オランダ |  ドイツ
イタリア
イングランド
ロシア |  クロアチア
ギリシャ
ポルトガル
スウェーデン |  デンマーク
フランス
チェコ
アイルランド

グループリーグ

グループ A

チェコ対ポーランド

位 チーム 勝
点 試
合 勝
利 引
分 敗
戦 得
点 失
点 点

1 |  チェコ | 6 | 3 | 2 | 0 | 1 | 4 | 5 | -1
2 |  ギリシャ | 4 | 3 | 1 | 1 | 1 | 3 | 3 | 0
3 |  ロシア | 4 | 3 | 1 | 1 | 1 | 5 | 3 | +2
4 |  ポーランド | 2 | 3 | 0 | 2 | 1 | 2 | 3 | -1

※ギリシャとロシアを比較した際、得失点差ではロシアが上位であるが、直接対決でギリシャが勝利したため、ギリシャのグループリーグ突破となった。

すべて現地時間(UTC+2)

{{{team1}}} v {{{team2}}}

2012年6月8日
18:00

ポーランド 1 - 1 ギリシャ
レヴァンドフスキ 17分 | レポート | サルピンギディス 51分
ワルシャワ国立競技場(ワルシャワ)
観客数: 56,070人
主審: カルロス・ベラスコ・カルバージョ

{{{team1}}} v {{{team2}}}

2012年6月8日
20:45

ロシア 4 - 1 チェコ
ジャゴエフ 15分, 79分
シロコフ 24分
パヴリュチェンコ 82分 | レポート | ピラシュ 52分
ヴロツワフ市立競技場(ヴロツワフ)
観客数: 40,803人
主審: ハワード・ウェブ

{{{team1}}} v {{{team2}}}

2012年6月12日
18:00

ギリシャ 1 - 2 チェコ
ゲカス 53分 | レポート | イラーチェク 3分
ピラシュ 6分
ヴロツワフ市立競技場(ヴロツワフ)
観客数: 41,105人
主審: ステファヌ・ラノワ

{{{team1}}} v {{{team2}}}

2012年6月12日
20:45

ポーランド 1 - 1 ロシア
ブワシュチコフスキ 57分 | レポート | ジャゴエフ 37分
ワルシャワ国立競技場(ワルシャワ)
観客数: 55,920人
主審: ヴォルフガング・シュタルク

{{{team1}}} v {{{team2}}}

2012年6月16日
20:45

チェコ 1 - 0 ポーランド
イラーチェク 72分 | レポート | 
ヴロツワフ市立競技場(ヴロツワフ)
観客数: 41,480人
主審: クレイグ・トムソン

{{{team1}}} v {{{team2}}}

2012年6月16日
20:45

ギリシャ 1 - 0 ロシア
カラグーニス 45+2分 | レポート | 
ワルシャワ国立競技場(ワルシャワ)
観客数: 55,614人
主審: ヨナス・エリクソン

グループ B

ドイツ対ポルトガル

位 チーム 勝
点 試
合 勝
利 引
分 敗
戦 得
点 失
点 点

1 |  ドイツ | 9 | 3 | 3 | 0 | 0 | 5 | 2 | +3
2 |  ポルトガル | 6 | 3 | 2 | 0 | 1 | 5 | 4 | +1
3 |  デンマーク | 3 | 3 | 1 | 0 | 2 | 4 | 5 | -1
4 |  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/09/19 21:48

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「UEFA_EURO_2012」の意味を投稿しよう
「UEFA_EURO_2012」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

UEFA_EURO_2012スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「UEFA_EURO_2012」のスレッドを作成する
UEFA_EURO_2012の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail