このキーワード
友達に教える
URLをコピー

Xbox_360とは?

Xbox 360

Xbox 360 S 250GB本体、ワイヤレスコントローラ

【メーカー】
マイクロソフト
【種別】
据置型ゲーム機
世代
第7世代
【発売日】
2005年11月22日
2005年12月2日
2005年12月10日
2006年2月24日
2006年3月16日
CPU
PowerPC カスタム 3.2GHz 3コア
GPU
ATI カスタム 500MHz
【対応メディア】
DVD
DVD±R/RW
CD
CD-R/RW
HD DVD(オプション)
【対応ストレージ】
HDD
USBメモリ
メモリーユニット
【コントローラ入力】
ワイヤレス または 有線
(合計で4つまで)
【外部接続】

"S"モデル
USB x 5
イーサネット接続用RJ-45 x 1
AUXポート
WiFi 802.11b/g/n 対応

オリジナルモデル
USB x 3
イーサネット接続用RJ-45 x 1
【オンラインサービス】
Xbox Live
【売上台数】
159万台(2013年1月)
4,328万台(2017年07月)
8,580万台(2017年07月)
【最高売上ソフト】
Kinect アドベンチャー! /24万本
Kinect アドベンチャー! /2,202万本
後方互換
一部のXbox用ゲーム
(要ハードディスクドライブ)
【前世代ハードウェア】
Xbox
【次世代ハードウェア】
Xbox One

Xbox 360(エックスボックス サンロクマル)は、マイクロソフト2005年に発売した家庭用ゲーム機

概要

Xbox 360は、Xboxの次世代機種で、開発コード名はXenon。名称の「360」は360全方向のエンターテインメント体験を意味するとされる。北米では2005年11月22日欧州では12月2日日本では12月10日に発売。略記には「X360」などがある。

ハイビジョンに対応し、1920×1080までの解像度走査方式はインターレースに加えてプログレッシブでの出力が可能となった。また、ゲームサウンドにおいてはドルビーデジタル5.1chサラウンドリニアPCM2.0chステレオに対応する。

エントリーモデルとしてハードディスクなどを省略したコアシステムが、欧米ではスタンダードモデルと同時に発売され、日本ではスタンダードモデル発売から約1年後の2006年11月2日に発売された。エントリーモデルは後にメモリーユニットと数本のゲームソフトを同梱したXbox 360 アーケードに切り替えられ、アメリカでは2007年11月18日に発売、日本でも2008年3月6日に発売された。

2007年3月28日にはHDMI端子と120GBのハードディスクを搭載した上位モデルXbox 360 エリートが発表され、アメリカでは同年4月29日に、日本では2007年10月11日に発売された。エリートはスタンダードモデルやコアシステムと異なり、本体やコントローラーが黒を基調としている。

2010年6月24日には250GBのハードディスクを搭載した新型モデルXbox 360 Sを発売。プロセッサをJasper CPU65nm GPU65nmからValhalla CPU/GPU統合45nmに変更、本体とアダプターが小型軽量化されている。これらの変更に加え、Xbox 360 S以前の機種で問題となっていた熱暴走対策のためにヒートシンクの変更等も行われている。エリート同様、黒を基調としたデザインであるが、つや消しマットブラックから、光沢あるピアノブラックに変更されている。新型機発売により従来のXbox 360 エリートが29,800 円(税込)から24,800円(税込)に、Xbox 360 アーケードが19,800円(税込)からオープン価格にそれぞれ価格改定された。

2010年9月9日には4GBのデータ保存機器が内蔵されているXbox 360 4GBを発売。Xbox 360 S本体は、250GBハードディスクモデルのものと同じ性能で、価格は19800円[税込]となっている。本体のデザインは250GBモデルとは異なり、Xbox 360 エリートと同じつや消しマットブラックとなっている。

2013年6月11日に行われた『E3 2013』でXbox 360 Eを発表。北米では同日に発売を開始した。Xbox 360 E本体はXbox Oneのデザインを準じると共に、サイズや動作音などを改良。従来のモデルと価格は変更せずに販売。日本では同年9月19日に発売。ラインナップは『Xbox 360 250GB』、『Xbox 360 4GB』、『Xbox 360 4GB + Kinect』の三つとなっている。

仕様

CPUマイクロソフトIBMが共同開発した対称型マルチコアプロセッサ PXを採用。グラフィックチップATIと共同設計したカスタム仕様のGPU Xenosを搭載。ストレージには着脱可能なハードディスクを搭載(「コアシステム」ではオプション扱い)。ゲーム開発環境も配布されており、アルファ版の動作環境はPowerPC 970FXを2つを搭載したPower Mac G5にATI Radeon X850 XT(初期は9800 Pro)。

販売する地域のレイティング基準に応じた年齢制限機能を搭載。起動できるゲームやXbox Liveの利用を保護者が制限できる。

ワイヤレスコントローラーを標準装備。追加コントローラーとしては無線版と有線版があり、合計4台まで接続可能。有線版の接続端子は一般のUSBポート。イーサネット接続端子を標準装備(Xbox 360 SではWi-Fiも標準装備)、ブロードバンド接続でXbox Liveに接続可能。

デバイスとの連携

PCとの連携

Windows XP Media Center EditionやWindows XP SP2搭載PC内の画像・映像・音声ファイルが再生でき、映像再生はWMV形式を、MCE環境ではMPEG形式もサポート。PCをホームサーバとして、Xbox 360をそのクライアントとする形態である。またMicrosoft XNAで開発されたプログラムは、PC、Zune HDWindows Phone 7でも動く。

コントローラーはUSB接続であり、一部制限はあるがWindows XPWindows VistaWindows 7のPCでも使用可能。有線コントローラ用のデバイスドライバはマイクロソフトのサイトでダウンロードでき、無線コントローラーについても、受信機であるワイヤレスゲームアダプターが2007年5月24日に日本でも発売され、ワイヤレスヘッドセットやワイヤレスレーシングホイールとともに利用が可能に。この他Xbox LiveビジョンカメラもWindows Live Messenger等で使うWebカメラとして利用可能。

また、有線コントローラのデバイスドライバを個人で作った者もおり、Windows 98Windows Me等でも使用可能。

Xbox SmartGlass

Xbox SmartGlassは、Windows 8/iOS/Android/Windows PhoneデバイスをXbox 360のサブスクリーンとして使う機能。情報表示やリモートコントロールが行える。

2013年3月現在、日本で対応しているゲームソフトは『Halo 4』や『Forza Horizon』など15タイトル。

後方互換性

Xbox 360では、Xboxに対応したソフトの一部をプレイすることが可能となっているが、両者にはアーキテクチャの互換性が無い。そのため、ソフト個別に対応したエミュレーターソフトをハードディスクにインストールする必要がある。

エミュレーターソフトはXbox Liveより自動的にダウンロードおよびインストールされる。接続していない場合は、パソコンでダウンロードしてCD-R等に保存するか、郵送でエミュレーターソフトを取り寄せる必要がある。

2007年11月28日時点でXbox 360での動作に対応しているXboxソフトは日本国内で122本あり、売り上げが高かったタイトルを中心に対応作業を進める一方、マイナーなタイトルでもメジャータイトルの対応作業の結果、対応するようになったケースもあった。

仕様詳細

専用DVD-ROM

CPU

GPU

メモリ

システム全体の浮動小数点演算性能

オーディオ

記憶装置

デジタルのメディア対応

その他

ラインナップ

以下にXbox 360のヴァージョンを発売順に挙げる。

スタンダードモデル

スタンダード、アーケード、エリートモデル

20GBモデル

2005年12月10日より発売。希望小売価格は日本では39,795円(税込)で、2007年11月1日に34,800円(税込)に値下げされた。アメリカでの価格は399.99$(後に349.99$に値下げされた)。現在は販売を終了している。

日本でのパッケージ内容は以下の通り。

日本以外では映像出力用のケーブルがコンポーネント HD AVケーブルとなっている。また欧米ではメディアリモコンとそれ用の乾電池2本は初回出荷分にしか同梱されなかった一方、それらの地域では初回出荷分以外でもヘッドセットが含まれている(オーストラリアメキシコ等、日本と同様に「ヘッドセットなし、初回出荷分以外でもメディアリモコン同梱」という地域もある)。

HDMI搭載 20GBモデル

アメリカでは2007年8月頃より、Premium System(スタンダードモデル)のHDMI端子搭載のスタンダードモデルの出荷が始まっている。Eliteとの差はHDDの容量と本体等の色だけである。

日本でも「Xbox 360バリューパック」(2007年11月1日発売)や「Xbox 360 デビルメイクライ4 プレミアムパック」(2008年1月31日)に関してはHDMI端子搭載を公式に発表しており、バリューパック終了後のスタンダードモデル本体もHDMI搭載型になっている。

なお、将来的にスタンダードモデルの内部がHDMI端子搭載などエリートの物になることはエリートの発売前から予定されていた。

60GBモデル

2008年9月11日からはHDDの容量を60GBに増やしたスタンダードモデルを29,800円(税抜28,381円)で発売。20GBモデルはオープン価格に改定し、在庫が無くなり次第販売終了。さらに2009年9月10日に、エリートのマイナーチェンジモデル(エリートからHDMI AVケーブル等を省略したもの、詳細は後述)が発売され、スタンダードモデルは在庫限りオープン価格に移行。在庫が無くなり次第発売終了。

Xbox 360 コアシステム

2006年11月2日より発売。希望小売価格は29,800 円(税込)で、2007年11月1日に27,800円(税込)に値下げ。アメリカでの価格は299.99$(後に279.99$に値下げ)。 ハイビジョン出力には別途D端子 AV ケーブル等が必要。アメリカでは後述のアーケード発売後に販売終了となった。日本でも販売終了。

パッケージ内容は以下の通り。スタンダードモデルと異なり、地域によって映像出力ケーブルの違いはない。

ゲームのデータ保存には別売メモリーユニット(64MB、512MB)やハードディスクが必要。別売ハードディスク(20GB、60GB、120GB、250GB)を取り付ければスタンダードモデルと同等の性能になる。

Xbox 360 エリート

2007年10月11日より発売。希望小売価格は日本では47,800円(税抜45,524円)、アメリカでの価格は479.99$(後に449.99$に値下げ)。2008年9月11日より39,800円(税抜 37,905円)に改定された。

パッケージ内容は以下の通り。欧米におけるスタンダードモデルのパッケージ内容をベースに、HDDを120GBに変更しHDMI出力用のケーブル類を追加した(ただし日本では非HDMI環境用のケーブルはスタンダードモデルと同じくD端子ケーブルである)。

単品の120GB HDDに付属しているデータ移行用のケーブルとディスクは付属していないが、120GB HDDに同梱されている物がそのまま利用でき、またエリート購入者向けにユーザーサポートでも提供する。

2009年9月10日に、新型エリートが発売になった。新型エリートとの違いはHDMI AVケーブルとD端子 HD AVケーブルが非同梱と価格の値下げ。旧エリートも、同価格の29,800円(税抜28,381 円)で発売され、在庫限りで終了。Xbox 360 Sの発売に伴い、価格は24,800円へと変更された。

Xbox 360 アーケード

先述したコアシステムと同じカラーリングの本体(HDMI端子搭載、同梱のケーブルはコアシステムと同様)に、無線コントローラを同梱したパッケージ。コアシステムに替わるエントリーモデルとして位置づけられている。アメリカで2007年10月18日発売、日本でも2008年3月6日に発売。2008年9月11日より19,800円(税抜 18,857円)に改定された。出荷時期により、256MBのメモリーユニットとXbox Live Arcadeタイトル5本(後述)を収録したディスクを同梱している物と、256Mメモリーユニットに相当する物を内蔵している物がある。Xbox 360 Sの発売に伴い、オープン価格へと変更された。

ディスクに収録されているXbox Live Arcadeタイトルは以下の5本(3600MSP相当)。『UNO』のみ400MSP、他は各800MSPで配信されている、または、していた物である。※UNOは2014年12月末に配信終了している。

また日本では同ディスクに以下の5本の体験版も収録している(『Marble Blast Ultra』体験版は配信終了している)。

価格についてはコアシステムと同様であるため、上記のXbox Live Arcadeタイトルで約5400円、256MBのメモリーユニットはこのパッケージ独自の物なので単純な比較はできないが、改定前の本体の価格としては8500円程度の値下げとなる。2008年12月末頃から出荷されているアーケードには省電力化された基板「Jasper」に256MBのメモリーユニットが内蔵され、同梱のメモリユニットは付属しない。このため、パッケージに注意を促すシールが貼られている。また、さらに後には先述のディスクの添付もなくなっている。

Xbox 360 S 250GB

新型Xbox 360第一弾として2010年6月24日より発売。価格は29,800円。「Xbox 360 S 4GB」の上位モデルとして販売されていた。当初、本体外装に光沢のある「プレミアム リキッド ブラック」として販売されたが2011年初夏に一旦販売終了し、2012年2月23日からは、4Gモデルと同じマット加工の「リキッド ブラック」の販売が開始された。このSシリーズからS/PDIF端子が本体に搭載された。他、従来より以下の点が変更されている。

パッケージ内容は以下の通り。

Xbox 360 S 250GB + Kinect

2010年11月20日よりKinect発売の初回限定生産パックとして発売されたが、2011年6月2日より通常モデルとして販売。価格は39,800円。当モデルの通常販売に伴い販売終了となった「Xbox 360 S 250GB」(プレミアムリキッドブラックモデル)に、ゲームデバイス「Kinect」と、Kinect専用ソフト『Kinect アドベンチャー! 』が同梱されたパック。

Xbox 360 S 4GB

新型Xbox 360のベーシックモデルとして、先に発売された250GBモデルに続いて、2010年9月9日より発売。価格は19,800円。 従来のXbox 360 アーケードに相当するモデルで、「Xbox 360 S 250G」との違いは、記憶装置がハードディスクではなく4Gバイトの内蔵メモリ。ヘッドセット別売。

パッケージ内容は以下の通り。

Xbox 360 S 4GB + Kinect

2010年11月20日より発売。価格は29,800円。「Xbox 360 S 4GB」に、ゲームデバイス「Kinect」と、Kinect専用ソフト『Kinect アドベンチャー!』が同梱されたパック。

Xbox 360 E

2013年9月19日より発売。前機種からデザインが変更。Xbox Oneに準じたものとなっており、省電力化や静穏化もなされていた。 2019年現在、全てのモデルが生産終了済み。

Xbox 360 E 250GB

パッケージ内容は以下の通り。

発売当時の価格は29,800円(税込)。2014年12月1日に23,600円(税別)へと価格改定。

Xbox 360 E 4GB

パッケージ内容は以下の通り。

発売当時の価格は19,800円(税込)。

Xbox 360 E 4GB + Kinect

上記、Xbox 360 E 4GBにKinectを同梱したパッケージ。 発売当時の価格は29,800円(税込)。

Xbox 360 E 500 GB(ブルー)

2014年12月4日よりAmazon限定発売。

上記、Xbox 360 E 4GBに大容量500GBHDDと『Gears of War 3』と『Call of Duty Black Ops II』を同梱したパッケージ。 発売当時の価格は29,980 円(税抜)。

各モデル間の機能比較

Xbox 360
コアシステム Xbox 360
アーケード Xbox 360
スタンダードモデル Xbox 360
エリート Xbox 360 S Xbox 360 E
20GB 60GB 250GB 4GB 250GB 4GB
型番 | 64S-00017
2006年11月2日 | XGX-00007
2008年3月6日 | XGX-00029
2008年12月
XGX-00045
2009年4月
XGX-00062
2009年4月 | B4J-00037
2005年12月10日
B4J-00113
2007年11月1日 | B4J-00184
2008年9月11日 | B4J-00128
2007年10月11日
FAA-00069
2009年9月10日 | RKH-00014
2010年6月24日
RKH-00054
2012年2月23日 | RKB-00014
2010年9月9日 | M9V-00016
2013年9月19日 | 1L9V-00016
2013年9月19日
本体のカラーバリエーション及び外装 | チルホワイト | チルホワイト、光学ドライブのベゼルへのクロム塗装 | プレミアムマットブラック、光学ドライブのベゼルへのクロム塗装 | プレミアムリキッドブラック、光学ドライブのベゼルへのクロム塗装
(2012年2月23日よりリキッドブラック) | リキッドブラック、光学ドライブのベゼルへのクロム塗装
コントローラーとそのカラーバリエーション | ケーブル接続(ケーブル長3m)、チルホワイト | ワイヤレス(周波数2.4GHz)、チルホワイト | ワイヤレス(周波数2.4GHz、プレミアムマットブラック) | ワイヤレス(周波数2.4GHz、リキッドブラック)
AVケーブル | コンポジット AVケーブル | D端子 HD AVケーブル | D端子 HD AVケーブル
HDMI AVケーブル
(2009年9月10日よりコンポジットAVケーブル) | コンポジット AVケーブル
ACアダプタ | 203W | 175W | 150W | 203W(2007年11月1日より175W) | 175W(後期型は150W) | 135W | 120W
S/PDIF端子 | なし(AVケーブルやオーディオアダプターが必要) | あり | なし(既存のAVケーブルなども本体コネクタが違うために使用不能)
記憶装置 | なし | 256M内蔵メモリ(後期型は512M内蔵) | 20G外付HDD | 60GB外付HDD | 120GB外付HDD | 250GB内蔵HDD | 4GB内蔵メモリ | 250GB内蔵HDD | 4GB内蔵メモリ
HDMI (v1.2) 出力端子 | なし | あり | なし(2007年11月1日よりあり) | あり
イーサネットケーブル | なし | あり
WiFi(802.11b/g/n) | な(オプション品USB接続) | あり
Kinect接続用ポート | なし(USB接続) | あり
ヘッドセット | なし | なし(欧米ではあり) | あり(黒) | なし | あり(黒) | なし
メディアリモコン | なし | あり | なし
Xbox Live 1ヶ月
ゴールドメンバーシップ | あり
  1. ^ 本体でゲームタグを作成後、Xbox Liveにサインアップ時にシルバーメンバーシップを選択すると有効になる(PC等で作成したゲームタグを復元してもゴールドメンバーシップにはならない)。一台につき3つのゲームタグをゴールドメンバーシップに変更可能。
  2. スイッチ切り替えでコンポジット接続も可能。

プレミアモデルと限定モデル

プレミアムパック

日本では以下のプレミアムパックが発売された。

出典:wikipedia
2020/10/27 15:53

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「Xbox_360」の意味を投稿しよう
「Xbox_360」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

Xbox_360スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「Xbox_360」のスレッドを作成する
Xbox_360の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail