このキーワード
友達に教える
URLをコピー

アケビ属とは?

分類(APG III)
 | : | 植物界 Plantae
階級なし | : | 被子植物 Angiosperms
階級なし | : | 真正双子葉類 Eudicots
 | : | キンポウゲ目 Ranunculales
 | : | アケビ科 Lardizabalaceae
亜科 | : | Lardizabaloideae
 | : | Lardizabaleae
 | : | アケビ属 Akebia

学名
Akebia

アケビ属(アケビぞく、学名: Akebia)は、アケビ科の一つ。

特徴

普通は落葉性の蔓性木本。葉は掌状複葉で、小葉は3-5枚で草質、柄がある。花序はごく短く詰まった枝の葉、あるいは鱗片の腋から出て、総状を成して垂れ下がる。雌雄同株で花は単性、一つの花序では先端側に小さい雄花が、基部側に大きい雌花がつく。どちらの花でも3枚の花弁があるように見えるがこれは萼であり、花弁はない。雄花には6本の雄蘂があり、それらはバラバラになって生じる。雌花では3-9の雌蘂があり、それぞれ円柱形で先端に粘つきを持つ柱頭がある。雌蘂の内で1-3個だけが成熟して果実となる。果実は液果で、腹面にある縫合線で果皮が裂けて口を開くことで果肉を露出し、その内部に黒い種子を多数含む。この果肉は胎座の肥大したものである。

分布と種

東アジアに5種がある。

アケビ Akebia quinata
小葉は5枚で花は薄紫。果実用に栽培されることもある。
ミツバアケビ Akebia trifoliata
小葉が3枚で紫褐色の花。往々にしてアケビと混じって生育している。
ゴヨウアケビ Akebia × pentaphylla
アケビとミツバアケビの雑種とされる。その形態は、小葉は5枚ながら緩やかな鋸歯を持つなど、両種の特徴を受け継いでいる。ただし、アケビに「ゴヨウアケビ」の流通名を付けて販売している場合がある。

他に以下の種がある。

ホザキアケビ Akebia longeracemosa 5小葉で花序が長い
タイワンアケビ A. chingshuiensis 3小葉で花が小さい

分類

日本には他にムベ属 Stauntoniaムベ S. hexaphylla があるが、本属との違いとしては萼片が3でなく6であること、雄花の雄蘂が互いにくっついていること、果実が裂けて口を開けないことなどが上げられる。

他に東アジアに産するこの科のものとしては以下のようなものがある。

出典

  1. ^ 以下、主として佐竹他(1989),p.132
  2. ^ 佐竹他(1989),p.132
  3. ^ 清水(1997),p302

参考文献

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2021/05/09 00:40

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「アケビ属」の意味を投稿しよう
「アケビ属」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

アケビ属スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「アケビ属」のスレッドを作成する
アケビ属の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail