このキーワード
友達に教える
URLをコピー

曾侯乙墓とは?

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。
出典検索: "曾侯乙墓"ニュース 書籍 スカラー CiNii J-STAGE NDL dlib.jp ジャパンサーチ TWL
(2015年11月)
不詳 - 前419年


【国姓】
姫姓
【爵位】
侯爵
【国都】
随(湖北省随州市)
【分封者】
不詳
【始祖】
南宮適
【滅亡原因】
楚が占領
【史書の記載】
春秋左氏伝
周朝諸侯国一覧

曾侯乙墓(そうこういつぼ)あるいは擂鼓墩1号墓(らいことんいちごうぼ)は、中国の湖北省随県(現在の随州市曽都区)で発見された戦国時代初期の諸侯の墓。「卜」字形の竪穴墓で、南北16.5メートル、東西21メートル。

発見の経緯

1977年9月、随県の東団破で中国人民解放軍空軍の営舎を拡張するために山腹に発破をかけていたところ、地下の褐色の泥土の中から墓の一部が発見された。施工者の王家貴と鄭国賢が県の文化部門に通報したが、当初は重視されなかった。このとき墓の車馬坑からは青銅製の文物が出土していたが、現場の工事担当者によって廃品として売り払われていた。その後、王家貴が3回にわたって県城におもむいて専門家の視察を求めたため、関連部門の注意を引いた。1978年5月11日に文物考古部門が発掘を開始し、17日に泥水につかった墓の排水をはじめた。21日に盗掘洞を発見し、23日には水位が下降して、曾侯乙編鐘が水面に露出した。

墓主

墓主は45歳前後の男性、殉葬者は13 - 25歳の女性21人。出土した銅鐘の銘文の鑑定を経て、戦国初期の国の名を「乙」という君主の墓であると判明したため、墓主は「曾侯乙」と呼ばれるようになった。墓葬年代は恵王56年(紀元前433年)頃と推定されている。

出土文物

墓の中から大量の青銅製の礼器をはじめ楽器兵器・金器・玉器・車馬器・漆器・木器・竹器および竹簡などの文物15404件が発見され、そのうち8件が国宝に指定された。

参考文献

中国出土簡牘

【一覧】

戦国

【統一】


前漢

  • 武威新簡

後漢
  • 五一広場後漢簡
  • 東牌楼後漢簡


魏晋


【研究史】
【発見】

【研究】
【中国】

【日本】

【欧州】



【関連項目】
【種別】

【内容】

【書体】

【出土文献】


・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2021/07/28 09:01

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「曾侯乙墓」の意味を投稿しよう
「曾侯乙墓」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

曾侯乙墓スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「曾侯乙墓」のスレッドを作成する
曾侯乙墓の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail