このキーワード
友達に教える
URLをコピー

AKB48とは?

AKB48

2010年7月1日、ノキアシアター公演

【基本情報】

【出身地】
日本
【ジャンル】
J-POP
【活動期間】
2005年12月8日 -
【レーベル】
AKS(2006年 - )
デフスターレコーズ
(2006年10月 - 2008年6月)
You, Be Cool!/KING RECORDS
(2008年8月23日 - )
Gold Typhoon Music/Warner Music Taiwan(台湾)
【事務所】
office48(2005年 - 2006年)
AKS(2006年 - 2020年3月31日)
DH(2020年4月1日 - )
(各メンバーの所属は所属事務所およびメンバーを参照)
【共同作業者】
秋元康
AKB48グループ
【公式サイト】
AKB48公式サイト
【】

【メンバー】
メンバーを参照
【】

【旧メンバー】
元メンバーを参照
AKB48

【YouTube】

【チャンネル】

【活動期間】
2006年6月10日 -
【ジャンル】
音楽
【登録者数】
249万人
【総再生回数】
20億116万回
YouTube Creator Awards
 | 登録者100,000人 | 
 | 登録者1,000,000人 |  |  | 

チャンネル登録者数、総再生回数は000000002021-09-17-00002021年9月17日時点。
AKB48のロゴマーク

AKB48(エーケービーフォーティーエイト)は、日本女性アイドルグループ

秋元康のプロデュースにより、2005年12月8日東京秋葉原を拠点として活動を開始した。運営会社および所属事務所は株式会社DH、所属レーベルはYou, Be Cool!/キングレコード

子記事
以下は子記事で解説する。
歴史 グループ構成 劇場公演 選抜総選挙
じゃんけん大会 オーディション 派生ユニット
関連作品 コンサート一覧 出演一覧
テレビ出演一覧 楽曲一覧 タイアップ一覧
劇場 コンセプト ショップ

概要

ドン・キホーテ秋葉原店(ミナミビル)8階にAKB48劇場がある

AKB48は、東京秋葉原(東京都千代田区外神田)に専用の劇場である「AKB48劇場(エーケービーフォーティーエイトげきじょう、英語: AKB48 Theater)」を持つ。「会いに行けるアイドル」をコンセプトにこの劇場にて、ほぼ毎日公演を行うことを特徴としている。マスメディアを通した遠い存在ではなく、ファンがメンバーを身近な存在として感情移入し応援して、その成長過程を共有するスタイルがファンの支持を得ている。

「AKB48」というグループ名であるが、メンバーは48人ではなく、正規メンバーと研究生を合わせて約90人のメンバーが在籍している(現在のメンバー数は「AKB48のグループ構成#AKB48の構成」を参照)。2010年11月には正規メンバーが48人、2013年3月には全メンバーが88人でギネス世界記録に認定された。

姉妹グループとして日本国内にSKE48NMB48HKT48NGT48STU48が、日本国外にJKT48BNK48MNL48AKB48 Team SHAKB48 Team TPSGO48CGM48DEL48がある。また、インドにおいてMUB48のプロジェクトが進行中である。AKB48に姉妹グループを含めた場合には「AKB48グループ」、「AKBグループ」、または「48グループ」と総称される。

詳細は「#姉妹プロジェクト」を参照

略史

詳細は「AKB48の歴史」を参照
「派生ユニットの略史」については「AKB48グループの派生ユニット#略歴」を参照

2005年12月8日、AKB48劇場で初公演を行った。2006年2月1日にシングル桜の花びらたち』でインディーズデビュー、同年10月25日にシングル『会いたかった』でデフスターレコーズからメジャー・デビューした。2007年にいわゆる「アキバ枠」で『第58回NHK紅白歌合戦』に出場するものの、当時は「秋葉原のオタク向けアイドル」というイメージが強かったこともあり、世間の関心は薄かった。2008年1月に地上波テレビ初の冠番組『AKB1じ59ふん!』の放送が開始した。

同年8月にデフスターレコーズからキングレコード(You, Be Cool!)にレーベルを移籍、10月に発売した10thシングル『大声ダイヤモンド』から徐々にCD売り上げが増え始める。2009年に、14thシングル『RIVER』で初のオリコンウィークリーチャート1位を獲得すると、その後発表する曲が次々と1位を獲得し、マスメディアから「AKB現象」「国民的アイドル」と呼ばれるようになる。2010年8月の17thシングル『ヘビーローテーション』は、シングルの連続初動売上50万枚突破やオリコン登場週数120週、オリコン週間カラオケチャート48週連続1位などの記録を残している。2011年に22ndシングル表題曲「フライングゲット」が第53回日本レコード大賞の、2012年に26thシングル表題曲「真夏のSounds good !」が第54回日本レコード大賞大賞を受賞した。また日本ゴールドディスク大賞でも、2011年(2010年対象)から7年連続で「シングル・オブ・ザ・イヤー」(邦楽部門)を、2012年から3年連続で「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」(邦楽部門)を受賞した。

CDシングル売り上げは、2011年10月に23rdシングル『風は吹いている』で1000万枚、2013年3月に28thシングル『UZA』(発売は2012年10月)で2000万枚、2014年12月に38thシングル『希望的リフレイン』で3000万枚、2015年12月に42ndシングル『唇にBe My Baby』で3615万8000枚を超え、アーティスト別のCDシングルの総売り上げ日本一を記録し、2016年9月に45thシングル『LOVE TRIP/しあわせを分けなさい』で、オリコンが1968年より集計を開始して以来初めて4000万枚を突破、2018年9月に53rdシングル『センチメンタルトレイン』で5000万枚を突破した。2020年3月に57thシングル『失恋、ありがとう』の発売でシングル総売り上げが5603万3000枚となり、自己記録を更新した。また2020年3月時点でのアルバム総売り上げは664万1000枚である。

「シングル表題曲におけるセンターポジションの推移」については「AKB48のグループ構成#センターポジション」を参照

2005年のチームAのデビュー公演では、入場者72人のうち一般の観客は7人だった(65人が関係者)が、約2か月後の2月4日に初の満員(定員250名)を記録している。同年4月にはチームKの初公演が行われ満員となるが、3日目には半減するなどの不安定な時期を経て、定員に対して観覧応募数が上回る高倍率な状態が続いている。2009年1月には、劇場公演のオンデマンド配信を開始している。劇場外では、2006年11月に日本青年館で初のコンサートを開催。2007年3月から4月には東京・名古屋福岡大阪を巡る全国ツアーを開催。2008年9月には中華人民共和国北京で行われた文化交流行事のなかで、チームBが日本国外初のライブを行っている。2011年7月に西武ドームでAKB48グループでコンサートを開催して以降、2012年8月には東京ドームでコンサートを開催、2013年7月から8月にかけては全国5大ドームツアーコンサートを開催している。また2014年3月には旧国立競技場でAKB48単独コンサートを開催、同年8月には東京ドームでは初のAKB48単独コンサートも行っている。「AKB48のコンサート一覧」を参照。

2009年6月から7月に、シングル選抜メンバーを決める第1回選抜総選挙を実施、2018年まで毎年開催している。2012年からは、地上波でのテレビ中継が行われた。2010年9月に、同じくシングル選抜メンバーを決める第1回選抜じゃんけん大会を実施、このイベントも2018年まで毎年開催しているが、第5回からはAKB48のシングル選抜を決めるものではなくなった。さらに2011年1月に、AKB48初のドキュンタリー映画『DOCUMENTARY of AKB48 to be continued 10年後、少女たちは今の自分に何を思うのだろう?』が公開となった。また、同年3月の東日本大震災後に、チャリティー活動として「誰かのために」プロジェクトを開始している。

2008年のSKE48(名古屋・)を皮切りに、日本国内外に姉妹グループが結成されている。「#姉妹プロジェクト」を参照。

2011年6月にはチーム4が、チームB以来4年半ぶりの新チームとして発足した。2014年4月にはチーム8が発足した。チーム8は他のチームと異なりトヨタ自動車のサポートを受け、メンバーは各都道府県別のオーディションにより、それぞれの代表という形式をとっている。「#チーム」を参照。

メンバー構成は、不定期で行われるオーディションで研究生として加入し、適時正規チームへの昇格人事が行われる一方で、不定期に卒業者も出るなど大人数グループであるため流動的である。チームの体制は、2010年に初めて「組閣」と呼ばれるAKB48内で大規模なチーム再編が行われて以降、2012年の2回目はAKB48と姉妹グループ間での兼任と日本国外移籍を含む再編、2014年の3回目は国内AKB48グループ内での兼任・移籍と乃木坂46からの兼任を含む再編、2015年の4回目は姉妹グループの兼任解除を含む変更およびNGT48新設に伴う移籍・兼任、2017年の5回目は姉妹グループからの兼任の解除およびチーム8メンバー全員の兼任が行われている(「#編組略史」を参照)。

「メンバー構成の推移」については「AKB48のグループ構成#メンバー構成の推移」を参照

特色

活動方針・目標・ルール

AKB48は、「テレビやコンサート会場でしか会うことができない」という従来のアイドルの固定観念を根底から覆し、結成以来「会いにいけるアイドル」のコンセプトのもと、専用劇場での高頻度の公演・徹底したファンサービス(握手会・写真会など)でアイドルとファンとの距離を縮め、アイドルをより身近な存在にする取り組みを継続して行っている。

AKB48としては、公式ブログの前タイトルが示していたように、東京ドームでのコンサート実現を目標に置いていたが、この目標は、2012年8月24日から8月26日に開催された『AKB48 in TOKYO DOME 〜1830mの夢〜』で達成された。発足当初は、メジャーデビューを目標にしていた。目標達成により公式ブログも『〜1830mから〜』にタイトルが変更された。

メンバーには、特に初期に加入した者を中心に「AKB48は一つの通過点」という認識を持つ者が多い。そのすべてが歌手を目指しているわけではなく、女優ファッションモデルなど志望する職業は様々である。一方で歌手や女優などへのステップではなく、佐藤亜美菜(4期生・元メンバー)以降には「AKB48での活動」自体を明確に目標としている者も現れる。

AKB48は「恋愛禁止」がルールになっていると言われており、メンバーも公言しているが、一方で秋元康は特にルールとして規定したものではないと語っている。

前田敦子によれば、AKB48在籍中の16歳の時に恋愛で恋人に裏切られた「ショックで秋元(康)先生たちにも話さないとやっていけないくらい」辛くなり、前田が恋愛で「グチャグチャになったのが結構きっかけ」になって、AKB48で恋愛禁止のルールができたという。

グループ名の由来

グループ名「AKB48」のアルファベット部分のAKBは、ホームグラウンドが位置する秋葉原(あきはばら、AKIHABARA)、または秋葉原の俗称の秋葉(あきば、AKIBA)に由来する。48の由来は、「『おニャン子』とか、何か単語が入ると、古くなるので、商品開発番号みたいな無機質なものにしたい」という秋元康の意思である。初期の構想では1軍24人+2軍24人の計48人というものだった。戸賀崎智信は、結成当初の所属事務所であるoffice48の社長(芝幸太郎)の好きな数字が48であったため、50人程度のグループをつくるなら48人にしてくださいと言われたと述べている。

当初募集告知をした際には、「秋葉原48プロジェクト」と銘打っており、NTTドコモとのメンバー募集タイアップCMなどを始め、インディーズデビュー当時の各種メディアでは「Akihabara48」とされていたこともあるが、後にグループ名も「AKB48(エーケービーフォーティーエイト)」に統一された。その名のとおり正規メンバーが48人程度で活動していた時期が長くあった。グループのメンバーやマスメディアが、「AKB48」を省略して単に「AKB」と呼称・表記することもある。なお、「AKB48」は株式会社AKSの登録商標である。

「AKB48」という名称の適用範囲

「AKB48」という名称は、プロジェクトの拡大に伴い姉妹グループなどを含める場合もある。「AKB48」は、主に以下の3つの意味で用いられる。

  1. 秋葉原を拠点に活動するAKB48のみを指す。
  2. 1に加えて、国内の姉妹グループであるSKE48、(SDN48)、NMB48、HKT48、NGT48、STU48や派生ユニットを含める。
  3. 2に加えて、日本国外の姉妹グループであるJKT48、BNK48、(SNH48)などを含める。

2および3の括りは、「AKB48グループ」、「AKBグループ」、または「48グループ」と呼ばれている。

1の意味での「AKB48」のシングルや派生ユニットに姉妹グループのメンバーが参加して活動している。

詳細は「AKB48グループ#特徴」および「AKB48グループの派生ユニット」を参照

AKB48劇場公演

AKB48劇場
AKB48劇場のチケット

ドン・キホーテ秋葉原店(ミナミビル)8階にある専用劇場「AKB48劇場」がAKB48の活動の始まりの地であり、この劇場をホームグラウンドとして活動している。同店5階にはDVDやグッズを販売する「AKB48 SHOP」が併設されていたが、2015年12月に閉店した。

詳細は「AKB48劇場」を参照

2009年6月から10月までシアターGロッソ(東京ドームシティアトラクションズ)をセカンドフランチャイズとして、不定期で公演を行っていた。2009年11月以降も公演を行う計画はあり、AKB48公式サイトにもシアターGロッソが案内されていたが、2011年10月のサイトリニューアルに伴い記述は消滅した。

専用劇場で行われるコンサートは全て「公演」と銘打っており(「ライブ」「コンサート」と呼称されることはない)、グループ活動の中心となっている。公演は全てオリジナル曲で行われている。一部の楽曲を除き、総合プロデューサーの秋元康が作詞を行っている。秋元康は1つの公演につき1,000曲以上のデモテープを集め、何日もかけてそれを聴きながら使用する曲を選んでいる。

詳細は「AKB48の劇場公演」を参照

ファンコミュニティ

AKB48は専用劇場を設置して公演を行う方法でアイドルとファンの距離を縮めることに成功したが、同時にファン同士の結びつけを強めることにもなった。特に劇場前のロビーは見知らぬファン同士が知り合うきっかけとなる空間として機能している。オンライン上でも、ソーシャル・ネットワーキング・サービスが台頭したことからそれらを利用して交流を深める動きが見られる。

運営側は、ファンの意見を積極的に取り入れている。劇場が混雑していなかった頃はプロデューサーの秋元康が直接劇場でファンから意見を聞いていたこともあり、ヒットしてからもスタッフから間接的に伝えてもらっている。特に初期段階は運営スタッフ側に芸能関係の経験が少なかったため、チケットの販売・抽選や整列の具体的な方法などについてファンからアドバイスを受けていた。岩崎夏海がアシスタントプロデューサーをしていた頃は、彼がネットに強かったことから電子掲示板2ちゃんねるブログに書き込まれた公演についてのファンの反応をまとめて秋元康に伝えていた。

また、公式ファンクラブ「柱の会」の運営を2006年8月22日より開始した。しかし、1人複数口の会員登録が可能な会員登録制度や、これが起因となった公演チケットのインターネットオークションでの転売などが問題となり、2011年9月30日をもって廃止した。同年12月8日よりこれに代わる新たな公式ファンクラブ「二本柱の会」が発足した。

エンターテインメント市場の変化を受けて、2021年12月31日をもって「二本柱の会」を閉会し、ファンクラブとしての機能は、モバイル版公式サイトである「AKB48mobile」に一本化する。

握手会と購入特典

AKB48ではCD購入者を対象にした握手会を実施しており、ファンがメンバーと直接握手や会話ができる機会として「会いにいけるアイドル」のコンセプトを果たす役割を担っている。2005年12月16日、機材故障により中止された劇場公演の代替として行われた握手イベントがきっかけとなり、その後はCDのリリースに合わせて定期的に実施されるようになった。

AKB48の握手会には、「全国握手会」と「大握手会」の2種類がある。「全国握手会」は、シングルCDのリリースに合わせて日本全国のエリア(北海道・東北・関東・中部・関西・中国・九州)単位で開催されている握手会である。どのエリアでも事前予約なしに自由に参加でき、参加するにはシングルCD(初回限定盤)に封入されている「イベント参加券」が必要である。全メンバーではなく一部のメンバー(20人程度)が参加し、1レーン1メンバーではなく複数のメンバーがいるレーンもある。開催日ごとに使用できる「イベント参加券」のシングルタイトルが指定される。当日はライブやイベントも行われる。

「大握手会」は、「基本的に関東地方」(一部、大阪市など)で実施されている握手会で、CDのリリースごとに開催されている。姉妹グループの劇場盤CDの握手会と同様に「個別握手会」とも呼ばれる。参加するには、劇場盤CDに添付されている参加券が必要であり、リリース前に所定のウェブサイトから「日程」「メンバー」「時間帯」を指定して申し込み、劇場盤CDを抽選により予約購入する。原則としてAKB48メンバーだけではなく国内のAKB48グループメンバー全員が参加して、各メンバーが1人で1レーンずつを担当する。メンバーによって割り当てられる時間の長さ(90分単位の部数)が異なる。メンバーは私服での参加が原則となっている。なお「大握手会」では、握手会だけではなく「写真会」と呼ばれる携帯電話の写真撮影機能を使ったメンバーとのツーショット写真撮影や「サイン会」が行われることもある。

またCDには「購入特典」として、「握手券」や「イベント参加券」だけではなく「選抜総選挙」や「リクエストアワーセットリストベスト100」などのファン参加型イベントの投票券が添付される場合がある。また、多くの作品に「生写真」と呼ばれるランダム絵柄のメンバーの写真が添付されている。一方で、同一タイトルのCDでType-A、Type-Bなど複数のバリエーションを設けたり、購入特典を添付したりする手法はAKB48特有のものではないが、姉妹グループを含めて日本の音楽セールス市場で影響力を持つことから俗に「AKB商法」とも呼ばれ、批判もなされている(後節の「#商品のバリエーション展開」を参照)。

なお握手券の偽造事件に関して、握手券は「無料の特典や私文書」ではなく、刑法上「有価証券」にあたるとする東京地方裁判所の判例がある。

歌詞

AKB48の楽曲の歌詞は大別すると「BINGO!」「スカート、ひらり」などの「(女性視点からの)擬似恋愛的な歌詞」、「ポニーテールとシュシュ」「ヘビーローテーション」などの「(男性視点からの)恋愛/青春賛歌的な歌詞」、「RIVER」「チャンスの順番」などの「自己言及的な歌詞」という3つのタイプが存在する。初期段階では従来の女性アイドルの楽曲の歌詞では定番ともいえる「(女性視点からの)擬似恋愛的な歌詞」が存在していたが、ヒットのきっかけとなったシングル『大声ダイヤモンド』がリリースされた頃を境にそれらはあまり多くはみられなくなり、「(男性視点からの)恋愛/青春賛歌的な歌詞」「自己言及的な歌詞」の2つが主流になっていった。

岡島紳士・岡田康宏による書籍『グループアイドル進化論』での記述によれば、女性目線の歌詞から男性目線の歌詞への変遷には、ファン層自体の変化が関連しているという。すなわち、従来の日本の女性アイドル文化におけるアイドルファンといえば「ファッションなどに興味の無い男性のアキバ系アイドルオタク」といった印象になりがちであるが、AKB48では握手会や劇場公演などアイドルとファンが直接的に接触する機会が多いこともあって「アイドルからみられる」ことをファンも意識するようになり、見た目にも気をつかう若い男性ファンや女性ファンの割合も増えている。それに呼応するように、擬似恋愛的な歌詞はあまり必要とされなくなり、青春観を疑似体験したり掛け声を通じてステージ上のアイドルと感情を共有できるような楽曲が増えているのだという。

宇野常寛は、「私」を一人称とした女性目線の歌詞から「僕」を一人称とした男性目線の歌詞への変遷について、アイドルがファンに対して「ここではない、どこか」への憧れを一方的に提示するという超越的アイドルではなく、ファンとアイドルが協力して「いま、ここ」を肯定して実り豊かなものに彩っていくことを志向する内在的アイドルというコンセプトがはっきりと歌詞が反映されはじめたということであると説明している。さらに、男性目線の歌詞の曲と同様に後期になって増え始めた「自己言及的な歌詞」の曲については、AKB48自体が一種の社会現象といえるほどヒットしていったのに伴ってAKB48自身を歌うことがそのまま社会を歌うことにつながり、そしてそのことに対して作詞者である秋元康が自覚的であるがゆえだろうと述べている。

斎藤環は、秋元康によるAKB48の楽曲の歌詞を「絶望荒野と化したJ-POP業界においてひときわ輝いている」と評価し、「ヤンキー性」の要素が歌詞に織り込まれていることに注目している。それによると、AKB48のメンバー自体に注目してもオタク受けする渡辺麻友とヤンキー受けする板野友美の両者が存在するというようにバランスがとられているが、秋元自身がオタク性とヤンキー性の両方を持った特異なタイプの人間であり、「マジスカロックンロール」「Beginner」など歌詞にはヤンキー特有の刹那主義・反知性主義的な価値観が掲げながらも、同時に自覚的にそういった振る舞いをしているという意識がみられるというバランスが絶妙なのであるという。このような意識は、前述の「サヴァィヴ系/バトルロワイヤル系」の傾向ともつながるものである。

脚本家・作詞家の佐藤大は、同じく秋元康が手がけたおニャン子クラブの楽曲では言葉遊びや内輪受けを狙った歌詞が多かったのに対し、AKB48の楽曲の歌詞は主観的・直球であると対比し、「自分がどうあるべきか」ということを鼓舞するシステムが内包された歌詞がAKB48のメンバー個人への教育になっていると評している。

衣装

「言い訳Maybe」の衣装
「ギンガムチェック」MV撮影時の衣装

メンバーが着用する衣装のデザインは、結成当初のTシャツデニムから始まり、初期はシンプルなチェック柄の女子高生の制服をモチーフとした形が多かった。2009年の『第1回AKB48選抜総選挙』の頃から、世間にもメンバーのキャラクターが浸透し始めて衣装も変化していく。「言い訳Maybe」の衣装の赤チェック柄がAKB48のイメージを形成するものとなったこともあり、次の「RIVER」においてはメンバーの個性が世間に伝わるようにメンバー別に衣装をデザインするようになり、今日に続く制作工程が形成された。

衣装は、株式会社オサレカンパニー所属の茅野しのぶを中心とする専門の衣装スタッフが一手に担当している。衣装デザインには各楽曲が持つコンセプトに基づいた統一性があるが、一着一着が各メンバーのキャラクター・イメージや体形に合わせて調整を加えているため、その総数は5万着を超える。シングル曲のミュージック・ビデオ (MV) 衣装においては、完成した新曲の音源が秋元康のオーダーとともに茅野の元に届けられ、秋元の意向をつかめるまでデザイン画を描き、提出するという工程となっている。秋元康が副学長を務めた京都造形芸術大学の秋元ゼミ学生のデザインが、「桜の花びらたち」や「スカート、ひらり」などの衣装に採用されたこともある。2017年3月25日には、シングル・劇場公演衣装のほか、コンサートや歌番組で着用した特別衣装など1,102着の衣装を掲載した『AKB48 衣装図鑑 放課後のクローゼット〜あの頃、彼女がいたら〜』が宝島社より発売された。

兼任・移籍制度

AKB48には日本国内に5つ、日本国外に8つの姉妹グループがあり、AKB48グループの各グループ間には「兼任・移籍制度」がある。兼任とは、所属元グループに在籍して活動しながら、兼任先グループのメンバーとしても活動することである。一方で移籍とは、所属元グループの籍を離れ、移籍先グループに所属して活動することであり、AKB48グループ内での異動となる。特殊な形態ではあるが、2014年には、AKB48グループと乃木坂46相互間の「交換留学」と称した兼任も松井玲奈(当時SKE48)と生駒里奈(当時乃木坂46)の2人を対象に行われた。2015年に兼任が解除されている。また組閣等により、兼任の解除や兼任先の変更のほか、兼任先グループにそのまま移籍となったメンバーもいる。

歴代の兼任・移籍経験者については「AKB48グループ#移籍と兼任」を参照

所属事務所・運営会社

結成当初はメンバー全員が「office48」に所属していたが、マネジメントや露出展開の強化を図るために、また卒業後も継続して芸能活動ができるように、2007年に大島麻衣板野友美河西智美が「ホリプロ」に移籍したのをきっかけに一部メンバーが他の芸能事務所へ移籍することが発表された。

また、一部のメンバーを除いて、「office48」から「AKS」に所属変更がなされた。これ以降は、新たに研究生として加入したメンバーも、最初は「AKS」に所属するようになり、他の事務所からのオファーがあったメンバーが移籍するようになった 。なお、「office48」に残ったメンバーは移籍組として扱われている。グループ自体が「AKS」に所属しているため、移籍組メンバーもAKB48としての公演や活動を行う場合は「AKS」の管轄となる。

2010年3月25日のコンサート『AKB48 満席祭り希望 賛否両論』において、AKS所属で残っていた7期生までの全てのメンバーの芸能事務所への移籍打診がアナウンスされた。

2012年3月24日のコンサート『業務連絡。頼むぞ、片山部長! in さいたまスーパーアリーナ』最終日には、初日公演の時点ですでに正規メンバーとして活動していた9・10期生のメンバーの芸能事務所への移籍打診がアナウンスされた。

以降しばらくは、現役メンバーのAKSからの移籍は行われなかったが、2017年に小嶋真子サンミュージックプロダクションへ移籍し、加藤玲奈向井地美音プロダクション尾木の子会社で提携する「Mama&Son」へ移籍した。

2020年1月20日、AKSは社名を「Vernalossom」(ヴァーナロッサム)に変更するとともにAKB48のマネジメント業務を行わず、運営会社として4月予定で設立する「株式会社AKB(仮)」に移行・独立させることを発表した。同年4月1日、AKSは同日付で「株式会社Vernalossom」に社名を変更するとともに、新会社「株式会社DH」(ディーエイチ)にAKB48の事業を譲渡することを発表した。これに伴い著作権表示は「©AKS」から「©AKB48」に変更された。

また同年には、大西桃香清水麻璃亜小田えりな岡部麟谷口めぐが他の芸能事務所へ移籍した。2021年には、小栗有以北澤早紀岡田奈々武藤十夢・横山結衣・千葉恵里・佐々木優佳里とDHから他の芸能事務所への移籍が続いている。

展開

選抜総選挙

ファンによってAKB48のシングル表題曲を歌うメンバーを選ぶ一種の人気投票で、2009年より毎年開催されていたイベントであるが、2019年以降は開催されていない。被選挙権を有するのは、SDN48を除く日本国内AKB48グループの全メンバーおよび、AKB48から日本国外グループへの移籍メンバーであった。第10回においては日本国外グループ所属メンバー全員に被選挙権が付与された。第1回から第4回までは在籍するメンバー全員が候補者となっていたが、第5回以降は立候補制を導入しており、第5回に限っては4年以上在籍した卒業メンバーの立候補も認められた。

詳細は「AKB48選抜総選挙」を参照

じゃんけん大会

選抜総選挙に続いて2010年から毎年開催されていたメンバー選抜イベントであるが、2019年以降は開催されていない。勝敗が確率的に平等であり、偶然性によって決まるじゃんけんの結果のみで選抜メンバーを決定する。

選抜総選挙は、メンバーに対するファンの支持によって順位や票数が決まる人気投票であるために、マスメディアに露出する機会の多い人気メンバーが有利になるという欠点がある。選抜じゃんけん大会は、人気や知名度が低いメンバーにも平等にチャンスを与えるために考案された。AKB48の正規メンバーと予備戦を勝ち抜いた研究生が本戦に参加できる。第2回から日本国内の姉妹グループのメンバーにも出場権が与えられた。勝負は1回勝負のトーナメント方式で行われる。

第1回から第4回までは上位16人を決定し、総選挙同様1位になったメンバーがセンターポジションを務めるAKB48のシングル曲の選抜メンバーとなった。第5回は優勝者のソロデビューに変更されるなど回を追うごとに優勝を含む上位入賞メンバーへの処遇は変わっている。

詳細は「 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2021/11/17 19:34

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「AKB48」の意味を投稿しよう
「AKB48」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

AKB48スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「AKB48」のスレッドを作成する
AKB48の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail