このキーワード
友達に教える
URLをコピー

HelenOSとは?

プラットフォーム
IA-32, x64, IA-64, ARM, MIPS, PowerPC, SPARC V9
カーネル種別 マイクロカーネル
ライセンス
BSD
【ウェブサイト】
www.helenos.org

HelenOSは、マルチサーバーなマイクロカーネル設計に基づくオペレーティングシステムである。 HelenOSのソースコードCで書かれ、BSDライセンスで公開されている。

技術的な概要

マイクロカーネルはマルチタスクとメモリー管理、プロセス間通信を扱う。 また、カーネルベースのスレッドを提供し、対称型マルチプロセッシングをサポートしている。 マイクロカーネル設計に典型的なように、ファイルシステム、ネットワーク、デバイスドライバー、グラフィカルユーザーインターフェイスは、それぞれ独立したユーザースペースのコンポーネントの集合として実装されており、コンポーネントの集合はメッセージバスで通信する。

それぞれのプロセス(タスクと呼ばれる)は、複数のスレッド(カーネルによるプリエンプティブにスケジューリングされる)を持つことができる。また、ユーザースペースで協調的にスケジューリングされたファイバーを持つこともできる。 デバイスドライバーとファイルシステムドライバーは、他のシステムサービスと同様にユーザースペースのタスクの集合(サーバー)として実装されている。これにより、HelenOSはマルチサーバーな特徴を持つこととなっている。

タスクはコネクション指向で非同期的なHelenOS IPCにより通信する。 これは、固定長のメッセージを送信したり、一連のバイト列を送信したり、メモリーの共有をネゴシエートするのに利用できる。 メッセージは、多量のデータをコピーしたり、中間のタスクのアドレス空間をメモリーマッピングすることなく転送できる。


開発

HelenOSの開発はコミュニティーにより行われている。開発者コミュニティーは、少人数のコアチームと、世界各地の多数のコントリビューターからなっている。コアチームは、プラハ・カレル大学数物学部の教員や学生、卒業生が主になっている。 2011年と2012年、2014年には、HelenOSはGoogle Summer of Codeに指導組織として参加した。 2013年には、Space 2013プログラムのESA Summer of Codeに指導組織として参加した。

HelenOSのソースコードは、BSDライセンスで公開されている。いくつかのサードパーティーのコンポーネントは GNU General Public Licenseが適用されている。 両方のライセンスはフリーソフトウェアライセンスであり、これによりHelenOSはフリーソフトウェアとなっている。


ハードウェアサポート

HelenOSは、ARMx86-64IA-32、IA-64 (Itanium)、MIPSPowerPC (32ビットのみ)、SPARC V9のCPUアーキテクチャーで動く。 シミュレーター上で動くだけでなく、実際のハードウェアで動く例も存在する。

HelenOSは、PATASATA、USBマスストレージ、USB HID、Atheros製のチップを搭載したUSB Wi-Fiアダプター、いくつかのイーサネットカード、シリアルポート、キーボード、マウス、フレームバッファーをサポートしている。

研究用途と学術的用途

HelenOSはプラハ・カレル大学の分散ディペンダブルシステム部門によるソフトウェアコンポーネントと検証についての研究に利用されている。 それ以外にも、学生によるソフトウェアプロジェクトや修士論文のためのプラットフォームとしても利用されている。

脚注

  1. ^ hpr1447 :: HPR Coverage at FOSDEM 2014 Part 1/5
  2. ^ HelenOS Micro-Kernel OS Still Marching On
  3. ^ HelenOS - the operating system that launched a thousand processes, DistroWatch Weekly, Issue 350, 19 April 2010
  4. ^ HelenOS nikdy nebude dokončený, říká jeho autor Jakub Jermář
  5. ^ HelenOS Contributors measured by Ohloh
  6. ^ List of projects accepted into Google Summer of Code 2011
  7. ^ List of projects accepted into Google Summer of Code 2012
  8. ^ List of projects accepted into Google Summer of Code 2014
  9. ^ Selected mentoring organizations
  10. ^ HelenOS analysis by Ohloh
  11. ^ Institutional research plan MSM0021620838 - Modern methods, structures and systems of computer science (2005-2011, MSM)
  12. ^ Research @ D3S
  13. ^ Defended HelenOS theses at Faculty of Mathematics and Physics, Charles University in Prague

外部リンク

参考

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2021/06/20 11:54

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「HelenOS」の意味を投稿しよう
「HelenOS」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

HelenOSスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「HelenOS」のスレッドを作成する
HelenOSの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail